安全な水を飲むなら、ウォーターサーバー

水道管を通る水には塩素が含まれています。


塩素は人体に影響を与えることがあり、水道水を飲み過ぎると発がんの危険性があります。

また、鉄で出来た水道管を通る水は錆を僅かに含んで流れていることがあります。錆も人体に影響があり、免疫力の低い小さい子供が摂取してしまうと体調を崩してしまうこともあります。

塩素や錆といった水道水の問題は、住む地域や住宅によって影響は異なります。

安心して安全な水を飲みたいなら、宅配水業者が提供しているウォーターサーバーを導入すると良いです。ウォーターサーバーとは、宅配水業者から送られてくる安全な水を給水する装置のことです。



水は専用のボトルに入っており、ボトルをサーバーにセットすることで給水できるようになります。



ウォーターサーバーには、給水時に水の温度を調節できる機能が備わっています。
温かいコーヒーが飲みたい時に高温設定にしたり、冷たい水が飲みたい時に冷水設定にしたりできます。

ウォーターサーバーを導入したいと思ったら、サーバーを購入するよりもレンタルする方がお得です。

宅配水業者によって、無料でレンタルできるサービスを実施していることもあります。

無料レンタルなら、負担する料金はボトル代とサーバーの電気代だけになります。

ボトルは12リットルあたり約1500円程度で配達してくれます。


水の種類は宅配水業者によって、天然水やRO水などを選ぶことができます。



どちらの水も安心して飲むことができます。